So-net無料ブログ作成

警部補 杉山真太郎 視聴率は? [感想・ひとこと]

警部補 杉山真太郎
今日で 3話目の放送ですが 視聴率が気になりますね

毎回 吉祥寺署では いろんな事件が起こり
敏腕刑事の杉山真太郎(今は刑事をやめようと思っている)が
謎を解き明かし 解決していきます

しかし ほかの刑事ドラマと 一風う変わったところは
なんだかとっても ほのぼのしているところです

事件の内容は シリアスでしっかりとした刑事ドラマですが

ドラマのメインテーマは 家族愛に溢れています

お母さんを亡くした子供たちのことを 必死に考える
刑事・杉山慎太郎が やさしく描かれています

今の世の中 世界中で惨たらしい出来事や
目を背けたくなるような事件が 頻繁に起こっていますが

『警部補 杉山真太郎』のような 心を揺さぶるドラマで
家族への愛について
もう一度しっかりと考えてみてはいかがでしょうか

親が子を思い 子が親を慕う

一昔前なら 全く当たり前のことだったと思うのですが
今は ナンセンス の一言で片付けられてしまいそうです

この冬にスタートした 2015年のドラマ全体を見渡すと

夫婦愛を 
少しコミカルなタッチで描いたものがいくつかあります

特に 情け無い 頼りない夫を描いたものが多いように感じます

今の世の中 女性のほうが強いですから
頼りがいのある たくましい男性を描いたところで

何を偉そうに言ってるのよ!って
女性陣の反感を買ってしまう事を恐れているのでしょうか

情け無い 頼りない男たちを描いておけば
『も━━━━!!しゃーないなー 私がしっかりしなきゃ!』
って云う女性が賛同してくれるだろう…って言う
“読み”でしょうか?

ドラマは その視聴率で関心度を測られますが
大勢の興味は世情を動かすかもしれません

つまり ドラマの内容が(視聴率が) 
世の中を動かすこともアリだっていうことです

 




スポンサーリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
外為どっとコム口コミ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます